歯が汚れの原因はステイン

ステインを除去して歯を白くする歯磨き粉

MENU

歯が汚れの原因はステイン


よく、歯の汚れや黄ばみのことをステインといいますがどんなものなのかご存知でしょうか。
ステインとは、ヤニや担任などが含まれているものに配合されている色素成分のことを言います。
ステインが含まれているものを口に含むと、唾液と反応をして着色され、歯がどんどん黄ばんでしまうのです。
歯磨きをしていても、慢性的にステインが生じやすいものを摂取しているとどんどん黄ばみが取れない状態になってしまうでしょう。
一般的にステインになりやすいものといえば、有名なのが煙草です。
喫煙者の口は黄色く黄ばみやすく、特に目では見えない歯の裏側はとても黒くなっていることが多いでしょう。
ほかにもコーヒー紅茶、赤ワインなどにはたくさんの色素が含まれていて、常用しているとどんどん黄ばんでしまいます。
毎日とり続けているといくらホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使っていてもとることが出来ません。
そして大人になると何十年と蓄積したステインが落ちにくくなってしまい、普通にホワイトニングをした程度では歯の黄ばみを取ることが出来なくなってしまうのです。